おせちは鮮度が第一です。鮮度が悪いと美味しさも損なわれてしまいますし

おせちは鮮度が第一です。鮮度が悪いと美味しさも損なわれてしまいますし、新鮮でないおせちを食べるとお腹を下すことだってありえます。最悪の事態を招かないためにも、通販では信用できる業者を吟味して選ぶようにしましょう。留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて発送するべきなのは言うまでもありません。ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないとさんざん聞きますが、そうは思いません。紅ズワイガニの当たりはなく味がよかったとは言えなければそれは気の毒です。おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べてもみんながおいしさを認めます。新鮮でないとおいしくないのも事実でおいしくないと思われているのかもしれません。ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。土地土地で違いがあり、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。ズワイガニの雄では、おせち味噌も美味しくいただけますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。それに比べて、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。しかし、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、一般的には、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。
引用:紀文のおせちなら 2018 早割